旅行先と時期を教えてください。

旅行先:下呂温泉
時期:10月初旬
一緒に行った人:夫(夫婦二人)

下呂温泉 宿泊先を教えてください。

宿泊先:小川屋別館ゆらぎ
住所:岐阜県下呂市湯之島570番地
サイトhttp://www.gero-ogawaya.net/yuragi/

口コミ:こじんまり綺麗なお部屋でした。シャワールームのみでしたが、トイレと別なので使い勝手がよかったです。本館の畳敷きのお風呂と露天風呂はとても気持ちよかったです。

下呂温泉旅行の体験談を教えてください

img_0777
夏の暑さが終わった頃からでしょうか。朝起きるのもつらく、起きてもだるさがひどくて家事をしていても途中で横になる状況の日々が続いていました。
そんな疲れを癒しに、一泊ですが下呂温泉に行ってきました。

急に行けることになったので、前日の夜にネット予約をしました。近々のため夕食付きプランでの予約が出来ず、一泊朝食付きのプランになってしまいましたが、平日なので一人9000円弱と手頃な値段でした。

比較的大規模な旅館のため、様々なタイプの部屋がありましたが、2016年7月にオープンしたばかりの別館「ゆらぎ」のツイン洋室に宿泊しました。

部屋からは前を流れる益田川を眺めることができ、テラスにはいすがあったのでそこでくつろぐこともできます。
まだ新築のにおいがする部屋は淡いトーンのファブリックでまとめられ、モダンで清潔な印象です。

部屋のつくりは、ガラス扉のシャワールームとトイレが別にあったので使いやすかったです。
また大きめの壁掛けテレビがベッド正面にあり、寝転びながらゆったり見ることができました。
朝食は個室選択もありますが、直前予約はバイキング形式になります。料理はかなり種類豊富で満足のいくものでした。

温泉は本館に畳敷きの内湯と露天風呂があります。ちなみに私は利用しませんでしたが、新設された貸切風呂は別途料金で利用できます。もしくは貸切風呂付きプランもありました。
本館の温泉ですが、女湯は内湯と露天風呂が二つずつあり、22時過ぎに行ったら途中から結局貸切風呂状態になりラッキーでした。

宿の情報はこれくらいにして、私の体験した下呂温泉観光は以下になります。
当日は到着が遅くなってしまった為、ぶらぶら温泉街散策をした程度ですが、昔ながらの温泉街情緒があり、浴衣で歩く人達も多く見かけました。

散策途中、「加恵瑠(かえる)神社」というユニークな神社を見つけました。またマンホールや道にかえる模様がたくさんあり、小さな発見を楽しみました。

遊ぶところは特になさそうだったので、早速夕食。前々から下呂温泉に行ったら食べてみたいと思っていた郷土料理「鶏ちゃん(けいちゃん)」が食べられるお店を探し、目に入った「お食事処 山びこ」さんに行ってみました。
img_0774-1

注文したのはもちろん鶏ちゃん定食と、もう一つは大ナスの丸太焼き定食です。鶏ちゃんは思っていたよりあっさりとしていて美味しかったです。
ナスはびっくりするほど大きくて、甘い味噌がかかっておりこちらもとても美味しくいただきました。お値段も両方1000円とリーズナブルで満足でした。

夕飯も終わり、早々に旅館に戻ってのんびり温泉に浸かり就寝。疲れも少々とれた気がしました。

翌日は「いでゆ朝市」に行ってみました。
朝市といっても旅館でゆっくりし過ぎて11時頃になってしまったせいか、人がほとんどいませんでした。お店の数も想像していたよりかなり少なく、ちょっと期待していたイメージと違って残念でした。

その後、そのすぐ側にある「下呂温泉合掌村」へ。
こちらは合掌造りの家屋が点在し、飛騨地方の生活文化や自然に触れることができる、下呂温泉で一番規模の大きな観光施設です。陶芸や和紙の手漉き体験などもできるようですが、私たちは小一時間、合掌造りの家屋内部の見学と散歩をしてそこをあとにしました。

img_0792-1

結果、私が個人的にですが感じる下呂温泉は、昔ながらの温泉街風情と泉質はいいのですが、観光スポットが少ないかな、という印象です。

旅館に大勢いた人達はどこに行ってしまったのだろうと思うほど、平日だったせいか温泉街には人があまりいませんでしたので、帰路へ向かうことにしました。

下呂温泉から恵那ICへ向かい、恵那の栗きんとんで有名な「川上屋」へ立ち寄り、恵那栗のアイスクリームとモンブランで休憩。とっても美味しかったです。
店内には栗菓子がずらりと並び、観光バスなどもいて混雑していました。人気スポットのようです。

そこから車で30分位かかったでしょうか。山道を走り「坂折棚田」へ足をのばしてみました。
以前、一度は見ておきたい絶景云々の雑誌で紹介されていたことを思い出したからで、収穫期ぎりぎりだったのであまりいい時期ではありませんでしたが、山に囲まれた棚田の景色はとても素敵でした。

こうしてかなりの距離のドライブになってしまった為(といっても、私は助手席でしたが…)、のんびり温泉旅行のはずだったのに、欲ばりすぎて返って疲れたような気がします。
でもリフレッシュな気分で、翌日からまた頑張っています。