旅行先と時期を教えてください。

旅行先:山形県湯野浜温泉 加茂水族館
時期:2016年9月
一緒に行った人:両親、祖父、(長男次男)弟家族 父の妹夫婦(叔父叔母)私の娘、息子

山形県湯野浜温泉宿泊先を教えてください。

宿泊先:海辺の宿 都屋(みやこや)
住所:〒997-1201 山形県鶴岡市湯野浜1丁目7-3
サイト:http://miyakoya.tyo.ne.jp/
    http://www.yukoyuko.net/0645/
    http://rurubu.travel/A02/06/0605/060504/0620303/3105008/list.html
口コミ:100点満点中73.3(ゆこゆこ)
    http://www.yukoyuko.net/0645/kuchikomi/
    5点満点中3.8(るるぶ)
    http://rurubu.travel/A02/06/0605/060504/0620303/3105008/review.html?ref=regular&listmode=plan

旅行の体験談を教えてください。

今年の9月3日に私の娘息子、両親、祖父、2人の弟家族(長男夫婦+甥、次男夫婦+甥)、父の妹夫婦(叔父叔母)、総勢14名で山形の湯野浜温泉とくらげで有名な加茂水族館へ行って来ました。ちなみに私の旦那は仕事が休めず残念ながら不参加でした。

宿泊先は海辺の旅館で都屋(みやこや)さんといい、お部屋からの見晴らしがとっても良いとの事でした。特に水平線に沈む夕日が絶景だそうです。その旅館へ出発地点の福島県西郷村から高速道路を使わずに道の駅を点々と巡りながら向かいました。私の両親と叔母夫婦はのんびりと道の駅を巡り、その土地のお土産や民芸品を見、その土地の美味しいものを食べ、デザートを食べ、景色を見ながら目的地へ向かうのが大好きなのです。

もちろん私も嫌いではないのですが、今回は旦那も不在でやっと3歳になったばかりの娘と9ヵ月の息子を連れての長い長い道のりはかなり大変でした。
なんとか宿泊先へ着き、部屋に着いた時は心底ホッとしたのを覚えております。
時間は午後3時過ぎでまだ夕日を見る時間には早かったので、目の前の海へ行ってみる事になりました。

1472959817702

弟達家族と母と私と子供達で向かいました。海なんて何年ぶりでしょう。しかもとっても綺麗な海です。砂は細かく滑らかで踏み心地最高。海水は9月に入っているというのに冷たくありませんでした。もし水着を持っていたら何の迷いも無く子供達と入っていたと思います。そのくらい気持ちが良く水も綺麗で景色も最高でした。お天気も良かったので晴れ渡る空の下、心地よい波を足に感じながらどこまでも続く水平線を堪能致しました。傍ではチビ達が頭からずぶ濡れになってはしゃぎまくっておりましたが・・・。

海から旅館へ帰った時も着いた時と同様に旅館のスタッフの方々が玄関で待っていてくれて、タオルの用意をしていてくれました。足は玄関のすぐ横で洗えます。バスタオルを入り口の床に広げてどうぞお使い下さいと言って下さり気持ちよく足を拭かせていただきました。小さい子供達もいたのでとてもありがたく助かりました。この対応は本当に嬉しかったです。

dsc_3558

6時の日の入りの時には部屋がオーシャンビューたったので、とても素晴らしい夕日を部屋の窓から見る事が出来ました。水平線へ沈む黄金色の夕日が幻想的でとても綺麗でした。夕日から伸びる金色の道が海面に伸び、そのまま歩いて太陽まで行けるのではないかと思うほどに見事でした。

夕日を見終わると次はご飯の時間ですので、その前にお風呂へ行く事にしました。ただ残念だったのは子供達の世話が忙しくゆっくりお湯に浸かれなかった事です。3つに分かれた樽のお風呂に確か檜のお風呂もあったように思います。窓からはどこまでも続く海が見えました。とにかく急いで入ったのであまりよく覚えていません。それが未だに残念です。もっとゆっくりくつろいで温泉に浸かりたかったです。

また、もっと残念だったのは一番人気の展望風呂が工事中で入れなかった事です。入れていたら最上階から素晴らしい水平線を眺めながら、宿一押しの有田焼の茶碗風呂に入れていたでしょう。それがとっても残念でした。また機会があったらもう一度行ってゆっくりと何処までも続く水平線を眺めながら茶碗風呂を堪能したいです。

夜の食事も美味しかったです。すごいボリュームで食べ切れませんでした。どれも美味しくて完食出来なかったのが残念です。メニューは海の幸がメインでした。鯛めしがとても美味しかったなぁ。あと、お膳は普通お座敷で直に畳に座って食事をする所がほとんどだと思われますが、ここは畳の上にテーブルと椅子が用意してあり椅子に座って食事が出来たので座ったり立ったりがとてもラクでした。母や祖父は膝が悪いのでとても喜んでおりました。

次の日の朝ごはんもとても美味しかったです。お米が特に美味しく感じました。朝も夜ほどではありませんがボリュームがありました。朝は海の幸がメインとかではなく、普通の一般的な朝食メニューでした。

その日は旅館から近くにある加茂水族館というくらげのとても有名な水族館へ行きました。早い時間に行かないとかなり込み合い車が水族館の入り口近くの駐車場に停められなくなってしまうそうです。なのでオープンの9時には間に合いませんでしたが9時半にはなんとか行けたので入り口に近い駐車場へ停める事が出来ました。でないと第3駐車場という入り口から果てしなく遠い駐車場になってしまうらしいです。

そんなこんなで中に入ると中ではくらげくらげくらげのオンパレード。今までこんなにくらげを見た事は無いというくらいにいろんな種類のくらげを拝見させていただきました。とっても綺麗でふわふわゆらゆら漂うくらげを見てるととても心が癒されてリラックス出来ました。中でも一番大きなくらげの水槽が迫力満点で感動しました。水槽内のくらげ達がぐるぐると漂う姿はなんとも言えない幻想的な姿でした。ただやはり人気な水族館なだけあり、団体の方達や一般のお客さんがどんどん増えてゆっくりは見られませんでした。

16-10-09-00-14-19-989_deco

遠いのでなかなか行けませんがまたいつか子供達を連れて今度は旦那と一緒にゆっくり見に来たいですね。次は高速道路を使って来たいです。
ちなみにくらげがだいたいを占めますが、アシカのかわいいショーなども見れます。とても可愛かったですよ。暑かったのでシェイクを飲んだのですが、中にくらげが入っておりビックリしました。ここで販売している食べ物の中にはだいたいはくらげが入っているそうです。

本当に本当に長い長い旅でしたが、とても良い思い出になりました。子供達のあの大はしゃぎする笑顔を思い出す度に「ああ、良い旅行だったな。」と心から思える家族旅行でした。