旅行先と時期を教えてください。

旅行先:沖縄
時期:9月上旬
一緒に行った人:彼氏

沖縄の宿泊先を教えてください。

宿泊先:ホテル日航アリビラ
住所: 沖縄県中頭郡 読谷村儀間600
サイト:http://www.alivila.co.jp/

口コミ:4つ星ホテルという評判でどこの旅行サイトにも掲載されている超有名ホテルです。従業員さんの対応が本当にすばらしくて感動しました!ぜひ行ってみるべきです。

沖縄旅行の体験談を教えてください。

 %e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%a9%e3%80%80%e5%ae%a4%e5%86%85

彼氏と沖縄に4泊5日で行ってきました。わたしたちはちょくちょく遠出をするほうだったのですがこんなに長期間行ってくるのは交際期間約1年で初めてのことでした。
沖縄は高校生に修学旅行以来約5年ぶりです。早朝便だったので羽田に一泊してから向かうことに。わりと同じような旅行客の大学生やらバックパッカーの外国人やらが沢山いて夜中だったのですがなかなかにぎやかでした。

快適に空の便を楽しんで約2時間で沖縄の那覇空港に到着です!夏休みからはちょっと遅れて9月に行ったのですが夏の沖縄はやっぱりにぎやかで人がいっぱい!
三線の音や声がけをするガイドさんがわんさかいてこれぞ「観光地!」って雰囲気でもうワクワクして仕方ありませんでした(笑)

とにかくあつくて日差しが強かったのでレンタカーを借りる前にサングラスを購入。
まぶしくてなんにも見えませんしなんだか眼球が痛むような気もするのでこれから沖縄行かれるという方はぜひオススメしますよ。

沖縄1発目は事前に予約していた「シーウォーク」に参加です。
シーウォークというのは頭にヘルメットのようなものを装着して水着のまま潜り美しい海を散策するというものです。

ヘルメットに空気が入っているので酸素ボンベを付けなくても息出来るし変なウエットスーツ着なくていいし何よりも顔が濡れないのでめちゃくちゃ楽ちん。
山生まれ山育ちの田舎っ子の私にはこういったベリーイージーなアクティビティから徐々にならしていかないといけません。

装備はなかなか軽装なのに海にふかくもぐるシュノーケルのような鮮やかな沖縄の海を歩いて冒険できるんです。
もちろん勝手にどっかいかないようにちゃんとひもがついていて一定の範囲しか冒険できません。
お散歩大好きな私にはこれがないと大海原をてくてく行ってえらいことになりそうなのでこれがあって本当に良かった(笑)

次に楽しんだのはボートで引っ張って空を飛ぶ「パラセーリング」です!!
私の説明雑過ぎてなんのことやらってかんじかもしれませんが本当にそんな感じなんです。

ボートに8人くらいが乗り込んで順番に大空に放たれます。
この係のおじさんがとにかく盛り上げ上手で、これから飛んでいくわたしたちにどれだけこれが楽しいのか、
沖縄はこんなのがいい感じだよとか事細かく教えてくれます。

パラセーリングでびゅんびゅん飛んでる人たちそっちのけでふむふむと情報収集をするわたしたち(笑)
船の音がおおきくてたまにきこえません。
たまにじゃなくて結構かもしれません何回も聞き返しました。

%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%a9%e3%80%80%e6%b5%b7

いざ私たちの順番がまわってきました!
通常高さ50メートルまでなのですがオプションで100メートルまで飛ばしてもらいました。
「50メートルなんて比べ物にならないよ~(沖縄の独特のイントネーション)」

なんて誘われたら断れないじゃないですか!!!!!!

おじさんの「はい、とぶよ~」という掛け声でゆーっくり上空に浮かんでいく私たち。
ふわふわという表現がまさにぴったりな速度で上昇していくのであんまりこわくありませんので女性の方も安心してくださいね。

100メートルまでいくと、沖縄のひろーーーーーーいキレイな海が一望できます。
「あそこが今夜とまるホテルだよ~」なんて感じなくらい見渡せます。

めちゃくちゃテンションあがりすぎて騒いでたら
揺れとか空腹もあってなのか酔ってしまいました。
パラセーリング酔いです(笑)

後半ダンマリでただただじっくり青い海を眺めます。
本当にもったいないことしました。これからパラセーリングのるよって方は気をつけてくださいね。

そんなわけでたのしいんだかツライんだかよくわからない時間を過ごしてボートに戻り、なんとケイティ・ペリーの陽気なミュージックにあわせて海をブーンと大冒険!
みんなキャッホーイとかいってるなか吐く寸前まで我慢してました。

そんなわたしを心配そうに見つめる彼氏さん、、、
本当に申し訳なかったです(笑)。

そんなこんなな海のアクティビティでした。

とってもつかれたのでとりあえず休もうといざ予約していた「ホテル日航アリビラ」へ。
彼氏さんが以前家族と沖縄旅行した際泊まったらしくもうべた褒めしていました。
そのおかげでとってもハードルが上がっていました。

いざエントランスに入ると丁寧なお辞儀とともに「ようこそ、ホテル日航アリビラへいらっしゃいました」と満面の笑みでのお出迎えです!

ホテルでは何よりも第一印象を大切にするのが一流のホテルなのですがもう満点クリアでした。

本当はそのままご飯を食べにでも行こうかという話だったのですが2人とも疲れ切っていたのかそのまま眠ってしまい1日めを終えたのでした(笑)。