宿泊先を教えてください。

宿泊先:ホテルモントレグラスミア大阪
住所:大阪市浪速区湊町1-2-3
サイト:http://www.hotelmonterey.co.jp/grasmere_osaka/

口コミ:レディースプランで宿泊しました。ホテルの内装はシックで落ち着きますが、海外旅行からのお客様が多くフロントは混在しがちでした。

大阪旅行の体験談を教えてください。

image
友人と共に、難波に旅行へ行きました。目的は難波で食べ歩きを行うことです。
今回の旅は、食い意地が張っている友人とふたりで551と丸福珈琲店、高島屋の飲食店を巡る旅でした。
宿泊先は、ホテルモントレグラスミアにしました。

昨今、海外からの観光客の増加により、大阪市内のビジネスホテル及びリゾートホテルの宿泊予約が難しくなってきています。
宿泊代金も高くなってきていますので、難波で宿泊する場合はモントレ系列のホテルを利用した方が安全という判断でのことです。

初日は、難波にある飲食店を片っ端から巡ることでした。
まず、昼食は、難波高島屋近くにあるお蕎麦と親子丼の店でした。
残念ながらも、店名を覚えていませんが、親子丼が美味しかったです。
その後に、隣の喫茶店でカレーライスとメロンソーダを注文しました。

カレーライスが辛口で食が進まなかったので、店員さんに「ハチミツ」を持ってきてもらおうと頼むと、シロップしかありませんと言われてしまい、止むをえずシロップをかけて食事しました。
その後に少しぶらぶらとお店を見て回った後に、無印良品のカフェでランチとフェアトレード珈琲を注文しました。
難波大阪高島屋や地下街のカフェ巡りを行い、夕刻になってから高島屋で買ったアップルパイとサラダを持って、モントレホテルへ向かいました。
フロントには、既に長蛇の列ができており、私たちは随分待たされました。
ホテルマンによりますと、モントレグラスミアはバスターミナルが隣接している為に、海外から訪れる観光客も多いということでした。

私たちはレディースプランを予約していたので、フロントでチェックインの際に、アメニティを受け取り、エレベーターで部屋に上がりました。
自国は既に7時を超えていたので、部屋の窓からは難波の夜景が綺麗に見えました、

レディースプランのアメニテイは、ストッキングと足ひんやりシートでした。
私たちは、歩き疲れていたので早速このシートを利用して、直ぐに就寝につきました。
翌朝、私たちが起床したのは、午後でした。
ホテルモントレグラスミアのベットはシングルでも幅が広くて、眠り心地が良いためについ朝寝坊をしてしまいました。

そうして、ようやく午後からチェックアウトを行い、難波のカフェ巡りに向かいました。
チェックアウトの際にも、観光客で長蛇の列ができていました。
ホテルマン曰く、バスの到着した時刻により混み具合が異なるという話です。

待ち時間の間に化粧室へ向かおうとしましたが、あいにく化粧室も混みあっていました。
チェックインからお世話になったホテルマンに荷物を預けて、上階にあるお化粧質を利用しました。

早々とホテルを出て、オムライス専門店でシチューとオムライスのセット、デザートつきを注文しました。
その後に、ナチュラルキッチンという生活雑貨店へと向かいました。
そこで、ポットやスリッパ、スプーン等の食器塁を沢山買い込んで、自宅へ郵送してもらいました。
その時のレジの店員さんが、私の爆買いを見て戸惑っておられてことが印象に残っています。

その足で、モントレグラスミアの近くにある551で食事をしました。
食後に、丸福珈琲店でコーヒーを飲みに行きました。

ところが、丸福珈琲店はセルフサービスの見せと、従来型のウエイターが注文を取ってくれるタイプの店に分かれているんです。
そうして、店舗によってもサービス内容に若干の違いがあります。
私たちは、従来型のサービスが受けられるお店に入店して、珈琲店をたのしみました。
丸福珈琲は濃い目のコーヒーとして有名ですが、食後には丁度いい渋さです。

その後に、無印良品へブーツを買いに向かいました。
高島屋からホテルモントレグラスミアなど、大きな店舗で迷うことはありませんが、
地下街では、飲食店を目印にすると必ず迷子になってしまいます。

このときも、東西南北がわからなくなり迷子になってしまいました。
特に最近は数年でカフェが入れ替わっている場合もあるので、お店を目印にするのはやめた方がいいです。

ふらふらと難波を歩き、夕食に家族停で冷やし蕎麦を食べてきたくしました。
家族停は、メニューが魅力的で真宵ました。焼き肉とお蕎麦、天ぷらとお蕎麦、冷やし蕎麦、親子丼など、食べたいメニューを全て注文しました。
そして、すべて完食を終えたあとに店員さん達が、食べっぷりのいい私を見物に来ていました。

その後にまた高島屋に戻り、ペックでお惣菜と黒船でお土産用のお菓子を買ってから、傷み空港へ向かいました。
空港内でペックのお総菜をたべてから搭乗手続きを行い、飛行機の中で食べるたこ焼きせんべいを買いました。

飛行機が北海道へ到着してから、空港内のカフェでお茶をして自宅に戻りました。