旅行先と時期を教えてください。

旅行先:名古屋港水族館
時期:7月
一緒に行った人:家族

宿泊先を教えてください。

宿泊先:ホテルウィングインターナショナル名古屋
住所:愛知県名古屋市中区
錦1-4-11
サイト:http://www.hotelwing.co.jp/nagoya/index.html

口コミ:http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/53424/review.html

旅行の体験談を教えてください。

img_3547
実家への帰省最終日に、少し遠出をして名古屋港水族館へ一泊二日の家族旅行をしに行きました。
二人目妊娠中で、5ヶ月くらいまでつわりも酷かった為、なかなか家族旅行に出掛けられませんでした。妊娠8か月になり産まれてからは、ますます遠出も難しくなる為、以前から行きたかった名古屋港水族館へ行きました。

実家を出発したのが13時頃で、高速を使い16時頃に『ホテルウィングインターナショナル名古屋』に到着しました。ホテルの半地下に駐車スペースが10台あり、一日千円で止めることが出来ますが、到着順で空いていれば止められるということでした。夕方到着で不安でしたが、幸いなことに1台分空いていた為ラッキーでした。

チェックインを済ませて部屋で一息した後、フロントで名古屋料理が食べられるお店を聞きました。『かぶらや』という徒歩で15分くらいの居酒屋さんを紹介してもらいました。ホテル周辺は碁盤の目のような道路だったので、道順は分かりやすく、すぐに到着しました。お店は一階がカウンター席で二階がお座敷席でした。

どこか懐かしい雰囲気の店内で、子供も居たのでお座敷タイプはとても助かりました。メニューも名古屋定番の手羽先や味噌カツ、天むすもありますし、お店の名物である豚かぶり焼きもお勧めです。子供でも食べられる味付けで、家族みんな美味しくいただきました。ただ季節が夏だったので冷房が効き過ぎていて、子供には寒過ぎました。

ホテルではフロントに色々な銘柄のシャンプーセットが置かれていて、いつも使っているシャンプーを使うことが出来ました。他にも枕など女性にはうれしいサービスがあります。ホテル館内も清潔でとてもおしゃれです。宿泊した部屋はツインルームで角部屋でした。少し狭かったですが、窓があり家族三人でも十分にくつろげました。

子供はビジネスホテルが初めてで、クローゼットやミニ冷蔵庫、バスルームに興味津々でした。特にバスタイムは大はしゃぎしながら父親と入りました。シャワーカーテンの使い方やお湯を張らないで入浴することなど教えてもらい、とてもいい経験になったと思います。

夜は一緒に少しだけ夜更かしして、ジュースで乾杯しました。お菓子を食べてテレビを見ました。就寝時は父親とベットに入り眠りました。子供と二人で寝ても片側が壁に接していた為、子供が落ちずに済みました。狭さもあまり感じなかったようでした。朝食はバイキングでメニューも豊富でした。平日だった為、ゆっくり食べることができました。

チェックアウト後は『名古屋港水族館』へ向かいました。少し早く到着したので、駐車場もすぐ近くに止めることが出来ました。今回のホテル予約は楽天トラベルの予約だったのですが、ホテルの宿泊プランに水族館のチケットも大人2名分が含まれているタイプだった為、通常よりも安く利用することが出来ました。

入館すると子供はあっちこっち走るように見て回り、追いかけるのが大変でした。大きなシャチやメインプールの大きさに大興奮で嬉しそうでした。イルカのパフォーマンスでは前列の中央付近に座った為、水しぶきがかかりそうで「キャーキャー」言いながら見ていました。ショーの時間も長くて、メインプールも大きいため見ごたえ十分で楽しめました。

北館と南館に分かれている水族館なので、移動距離が長くて妊婦には少しきつかったですが、子供はとても楽しそうだったので良かったです。北館にはシャチやイルカ、ベルーガにアザラシ。南館には5つのテーマに分かれて日本の海や赤道の海、カメやペンギンなどが展示してあります。子供は日本の海で泳いでいるマンボウが気に入って、父親に何度も写真を撮るようお願いしていました。

帰りのお土産コーナーではシャチが相当気に入ったみたいで、すぐにシャチのぬいぐるみを抱きしめて放しませんでした。しかし持っていたぬいぐるみは一番大きい70㎝の七千円ほどする商品だったので、「高いから買えないよ」と伝えると、即座にワンサイズ小さい40㎝の三千円のシャチに変更していました。5歳なのに色々と考えているものですね。つい笑ってしまいました。

そして帰路につく頃には子供も眠ってしまい。夫婦二人でまったりと旅の話をしながら帰宅しました。次の日には早速シャチのぬいぐるみに名前を付けたのですが、シャチなのに『ペンちゃんにする』と言うのです。なんだかペンギンみたいな名前でした。外に遊びに行く時も持って行くので、しばらくしたら真っ黒なシャチになっちゃいそうです。