旅行先と時期を教えてください。

旅行先:野沢温泉村
時期:夏
一緒に行った人:家族

2. 宿泊先を教えてください。

宿泊先:野沢温泉ホテル
住所:長野県下高井郡野沢温泉村豊郷7923―3
サイト:http://nozawaonsen-h.jp/

口コミ:古いホテルなのできれいではないですが,きれいにされていました。源泉かけ流しの温泉があり,露天風呂もよかったです。温泉街のメインストリートにも近いので,温泉街めぐりもしやすいところです。

旅行の体験談を教えてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長野県の野沢温泉を知っている人は,やはり冬にスキーやスノーボードで行くところと思われる方が多いと思います。
確かに,野沢温泉には標高差が1085mに達する日本屈指のスキー場があり,長野オリンピックの際は競技会場にもなりました。
その名の通り温泉も有名で,たくさんの宿泊施設やお店がある温泉街には,外湯と呼ばれる公衆浴場が13か所点在しており,冬場は凍えた体を温めるのに温泉に訪れる人も多いところです。

ところが,私が行った時期は真夏です。でも,真夏の野沢温泉もなかなかいいところです。
何日も滞在するのは途中でネタ切れすると思いますが,一泊ほどで行くにはちょうどいいところでした。

今回は家族旅行です。夫婦と小学生・幼稚園の4人です。
関東から車で行くこと5時間くらいでしょうか。高速のインターを降りてからもしばらく車を走らせます。
朝出発しても,休憩や昼食をはさみながら行くので,着くのはお昼過ぎ,3時ごろだったと思います。

今回の宿泊先は「野沢温泉ホテル」です。温泉街の上のほうにあり,温泉街のメインストリートにもわりと近いところです。
野沢温泉ホテルは宿所有の源泉を持ち、豊富な湯量で源泉100%かけ流し温泉があるそうです。
近くには「大湯」と呼ばれる外湯があります。
わりと古いホテルなのできれいではないですが,古いながらもきれいに掃除されていました。

ホテルに到着後,チェックインをして車と荷物を置き,ロープウェーに乗ることにしました。
野沢温泉には「クアハウスのざわ」という,温泉の温水を利用した温浴施設があり,そこに室内プールが併設されている娯楽施設があります。
そこに行こうと思っていたのですが,長女が数日前にとびひを発症してしまったため,プールは断念しました。

ホテルから歩いてロープウェー乗り場まで行くことができるということで,10分ほど坂道を登ってロープウェー乗り場まで行きました。
冬場は,当然スキー・スノーボード客がスキー場に行くためのものです。
夏なのでどうかと思ったのですが,ちゃんと動いており,2本乗り継いで山の上の方まで行くことができました。
山の上の方なので,やはり結構涼しかったです。

到着したところは広場のようになっており,小さなアスレチックと大きなゴム状の浮き輪に乗って滑る乗り物があり,長女はそこでひとしきり遊んでいました。
ロープウェー乗り場のレストハウスのようなところでアイスクリームを食べました。
土曜日だったのですが,ほかに人はほとんどいなくて,1時間ほどのんびり過ごしました。
ロープウェーの最終便の時間も迫っていたので,折り返しの同じロープウェーに乗って戻りました。
温泉街を少しプラプラしたあとホテルに戻り,ホテルの温泉に入りました。長女は,とびひのため残念ながら湯船の中には入れませんでしたが。
その後は食事処で夕食を食べ,久しぶりに家族でゆっくり過ごすことができました。

翌日は朝6時に起床し,朝風呂へ。さっと入ったあと,毎週日曜日の朝に温泉街で開催されているという朝市に行きました。
温泉街のメインストリートみたいなところにいろいろなお店が並びます。
野沢菜漬け,現地の野菜,まんじゅう,惣菜,手作り民芸品などなど。

野沢菜漬けの店の何店かで試食をさせてもらい,美味しかったところでお土産に購入しました。
ほかにも,野沢菜入りコロッケや,子どもたちはリンゴジュースなどを飲みながら,30分ほど楽しみました。
ホテルに戻って朝食を食べ,身支度をしてチェックアウトしました。
ホテルの従業員の方は感じよく接客していただき,印象もよかったです。

帰るのにもまた数時間かかるので,あまり時間のかかるところに立ち寄ることはできなということで,その時にネットで調べて,帰宅途中にある「ハイウェイオアシスららん藤岡」に寄ることにしました。
小さいですが観覧車やメリーゴーランドなどがあり,子どもたちもまだ小さいので十分に楽しめました。
大きなお土産屋さんや農産物直売所もあり,昼食もとったりしたので,ここでわりと時間をかけて遊びました。
自宅周辺に着いたのは夕方前くらいでした。

今回の旅行は,前々から計画をしていたわけではなかったので,行先も観光場所も十分に下調べして行ったわけではないのですが,全体的には子どもも含めて楽しんで来れました。
ただ,車での移動時間が長いので,特に子どもたちは最後の方は「早く着かないのー?」と退屈そうになってしまいました。
野沢温泉は標高が高いところにあるので,とにかく涼しいです。もちろん日差しがあると暑いのですが,高原のようなさわやかな暑さです。
外湯めぐりもおすすめです。ただ,外湯はお湯の温度が熱いらしく,シャワーなどもないということだったので,今回は子どもが幼いので断念しました。
カップルやご年配のご夫婦が,外湯めぐりをして,その後バーで地ビールを飲んでいると思われるのを見て,うらやましく思いました。