旅行先と時期を教えてください。

旅行先:沖縄県那覇市
時期:2016年5月
一緒に行った人:夫

2. 宿泊先を教えてください。

宿泊先:GRGホテル那覇東町
住所:沖縄県那覇市東町6-16
サイト:http://www.grghotelnaha-h.com/

口コミ:モノレール旭橋駅(西口)より徒歩で2分程の場所にあり、ヨーロッパを思わせるおしゃれな建物です。部屋も広くきれいに保たれています。朝食もおにぎりやパンやサラダ等が無料で付いています。国際通りにも近くて、とても魅力的なホテルでした。

3. 旅行の体験談を教えてください。

P1000595
ある日、某旅行サイトを見ていた夫が突然「沖縄に行きたい」と言い出しました。何事かと思いきや、5月の土日の1泊2日、ホテル・飛行機代込、2人で3万円ちょっとの価格で沖縄に行けるではありませんか。

何故こんなに安いのかと思い調べてみると、沖縄は5月のゴールデンウィーク明けから梅雨入りするとあり、沖縄観光のベストシーズンは梅雨明けからの数週間とありました。つまりベストシーズンに入る前なので比較的手頃な値段になっていたのです。

とはいえ、日本中どこであれ梅雨時期関係なくは雨が降る日もあれば降らない日もあります。気にしていたらどこにも行けないと思い沖縄旅行を計画しました。2人とも初めての沖縄旅行ではなかったので、今回の目的は沖縄での飲みを重視とした観光旅行にしようと思いました。なので、レンタカーは借りずに、公共の交通機関での移動となります。

1日目、5月と言うのに30度越えの暑さの中、沖縄空港に到着しました。天気は快晴。絶好の旅行日和となりました。まず最初にむかった場所は2015年8月にオープンしたばかりのリゾートモール「瀬長島ウミカジテラス」です。空港からゆいレールに乗って赤嶺駅で降りれば、1時間に1~2本運行している無料シャトルバスに乗ってウミカジテラスに行けます。

ちなみに、ゆいレールはフリー乗車券というものがあり、何度も乗り降りするならこちらがお得です。今回の旅行はゆいレールで行ける場所ばかりなので、「1日乗車券(24時間有効)」を700円で購入しました。販売機で購入した時間から、明日の同時刻まで利用できます。

20分もかからないくらいで、ウミカジテラスに到着しました。目の前には一面、青いエメラルドグリーンのきれいな海が広がっています。たくさんの施設も白い建物で統一されていて、海外のリゾートにでも来ているような感じでした。

ちょうどお腹もすいていたので、タコライス屋さんで食事をする事にしました。テラス席で料理を待っている間、ビールで乾杯をしました。暑いから、キンキンに冷えたビールは最高でした。沖縄で食べるタコライスも最高でした。

ホテルにチェックインして、コンビニで買った沖縄限定のお菓子とお酒でしばし休憩をしました。ヨーロッパ風の建物のホテルは、室内も清潔感があふれているとても素敵なホテルでした。

ゆいレールに乗り安里駅で降りて、インターネットで見て予約をした「うりずん」という居酒屋さんへ行きました。沖縄ならではの料理と泡盛を堪能しました。なかなか本土では味わえない食べ物が多かったと思います。とても美味しく頂きました。

時間がまだ早い事もあり牧志駅で降り、2件目のお店を探し歩きました。国際通りは観光客であふれかえっていました。魅力的なお店もたくさんありどこにしようか悩んでしまいます。せっかくなら、本に載っていないような場所に行きたいなと思いました。

路地裏を歩いていた時に、地元のタクシーソライバーさんに声をかけられ「近くにいいお店があるよ」と教えてもらいました。観光客がいなさそうだったのでそのお店に行ってみる事にしました。「久茂地文庫(くもじぶんこ)」という地元の人でにぎわう居酒屋さんでした。雰囲気の良い店内で、ここでも沖縄ならではの料理とお酒を頼みました。イカ墨の麵の沖縄そばがすごく美味しかったです。
  
2日目、この日も快晴。梅雨なのが嘘の様でした。2人とも以前観光したことがありましたが、今日は朝から首里城へむかいました。首里駅で降りて、15分ほど歩いて首里城公園に到着しました。

時刻は8時25分前。今日の目的は「御開門式(うけーじょー)」です。ドラの合図と「御開門(うけーじょー)」の発生で開門し、首里城正殿御庭へといざなう儀式です。琉球古典音楽や御座学のBGMが流れる、朝だけの特別なひと時を味わう事が出来ました。

首里城を堪能した後は、おもろまち駅へ行き、駅から直結している免税店「Tギャラリア沖縄byDFS」で買い物をしました。買った商品は後で空港で受け取れるの荷物にならず便利でした。

そこから歩いて5分程の「サンエー」という沖縄のスーパーに行き、お土産を買いました。観光地で買い物をするなら、地元のスーパーが絶対におすすめです。観光地のお土産屋さんより安く購入する事が出来ました。

買い物を済ませ、牧志駅を降りて国際通りにむかいました。時間的にも、ここでゆいレールの1日乗車券は終了となりました。たくさん乗れて十分にもとが取れる素晴らしいフリー乗車券でした。

国際通りを歩き向かった先は「那覇市第一牧志公設市場」です。那覇の台所として地元の人に親しまれ、ディープな沖縄の食文化を体感できる場所です。1階は精肉・鮮魚・加工食品の3つのコーナーに分かれた、活気あふれた売り場になっています。見た事のない食べ物をたくさん見る事が出来ました。名物ドリンクの冷やしレモンも頂きました。

2階は食堂になっています。下で選んだ食材を調理してここで食べる事も出来るそうです。沖縄料理とお酒を頼み堪能しました。散策途中のおやつにサーターアンダギーを購入しました。人が多くとてもにぎやかな場所でした。

飛行機までまだ時間があるので、国際通りを散策しました。日曜日の昼過ぎから歩行者天国になるみたいで、色々なパフォーマンスやイベントが行われていました。観光客をあきさせない工夫がなされているなと思いました。

以上で2日間の沖縄旅行は終了です。1泊2日と短い期間でしたが、とても長く充実した旅行となりました。LCCの普及により、以前より手軽に安く旅行が出来るようになりました。思い立ってすぐに旅行に行ってみるのも悪くないなと思いました。本当に楽しい1泊2日の沖縄旅行になりました。