旅行先と時期を教えてください。

旅行先:福岡
時期:11月
一緒に行った人:家族

2. 宿泊先を教えてください。

宿泊先:大観荘
住所:〒 818-0058 福岡県筑紫野市湯町1-12-1
サイト:http://www.daikanso.co.jp

口コミ:広い温泉が福岡で満喫できるのは意外でした。市内からは少し離れますが、いい旅館です。

旅行の体験談を教えてください。

親戚の結婚式に参加する為、羽田空港から始発便で博多空港まで行きました。飛行機では左翼側に座っていましたが、富士山が真上から見えてとても綺麗でした。

博多空港に着くと、ターミナルをでて予約していたレンタカーを借りに行って車で出発しました。まだまだ時間が早かったので、一番楽しみにしていた太宰府天満宮に行くことに決めて、早速向かってみます。

太宰府といえば学問の神様の菅原道真ですが、私達がより楽しみにしていたのは、太宰府名物の梅ヶ枝餅でした。都内の物産展などで買うことができますが、やはり本場のものを一度食べてみたいと思っていました。

まだお店も開いていない時間についたので、駐車場は楽々止められましたが、福岡随一の観光地はなかなか混み合うので、早めに着くのがおすすめです。早速車を降りて仲見世を歩いてみると、結構訪日観光客が多くて異国の雰囲気がします。

徐々にお店が開いて来たので、早速梅ヶ枝餅を買って食べてみました。焼きたてをそのまま食べると、物産展などで売られている梅ヶ枝餅とは違って、とってもふわふわしていて柔らかかったです。

あんこ好きにはたまらない味なので、これは是非食べてみてください。太宰府ではそのほかにも数多くの食べ歩きスイーツや雑貨屋さんもあるので、なかなか楽しめる仲見世になっています。

梅ヶ枝餅を食べ終えるといよいよ太宰府天満宮へのお参りです。太鼓橋や立派な木々が植えられた参道を歩き、立派な境内に入るとお参りをしました。

太宰府には大木がご神木となっているので、こちらもお見逃しないようにしてください。お参りを済ませると、予てから楽しみにしていた九州国立博物館に行きました。

天満宮からはかなり近くにあり、エスカレーターや歩く歩道を使って行ける距離にあります。近代的な婉曲のガラス張りの建物が美しく、とてもおしゃれな建築デザインです。

博多どんたくの山車なども置いてあり、その高さは驚きの高さです。通常展示されているのは主に古代からの発掘物で、大陸と近い九州ならではの見事な展示物に感動しきりでした。

展示スペースがすごく大きいというわけではないですが、ここは結構長く観ていて、見終わる頃にはお昼になっていました。エスカレーターを降りて、ちょうど近くにあったレストランに入ります。

ちゃんぽんがあったのでそれを注文すると、長崎とは違うあご出汁のあっさりしたスープでとても美味しかったです。駐車場まで戻ると、今度は佐賀県の吉野ヶ里に行くことにしました。

吉野ヶ里はとにかく広大で、邪馬台国と言われる遺跡を歩いて周りました。ボランティアガイドの方は親切で、たくさんの写真を撮ってくださり、家族旅行のいい思い出になりました。

高見の櫓や墳丘墓などか復元されており、歴史的価値も大変高く、歴史好きには勿論たまりせんが、ここで見る夕焼けもとても澄んでいてきれいでした。夏は暑くて大変なようなので、やはり涼しい時期に行くのが良いそうです。

その日は適当に食事をとり旅館に帰って、広いお風呂には誰もいなかったので貸切のような形でゆっくり過ごせました。福岡市内で食事をしましたが、どこで食べるのかすごく悩み、結局適当なお店になってしまったなので、前もって決めておけば良かったとちょっと後悔です。

2日目は親戚の結婚式で、3日目は博多市内の方に行きました。まずはポートタワーに行き、無料で入れるタワーで、港の景観を楽しみます。

ここは東京タワーと同じ設計家がデザインをしているそうで、親しみのある作りをしています。近くの建物では円筒の巨大な水槽があり、海亀や博多湾の魚が見られる素敵なミニ水族館になっていました。

地元の人は行かないそうですが、観光で訪れるのにおすすめだと思います。また車に乗って、今度はおしゃれなショッピングモール乗ってキャナルシティーに行きました。

このキャナルシティーも20年前に作られたとは思えない、とてもおしゃれで素敵な建物です。ショッピングこそしませんでしたが、中にはラーメンエリアもあるので、さまざまな福岡のラーメンを味わうことができました。

そのほかにおすすめしたいのは、天神のショッピングモールです。ちょうどイルミネーションが始まる頃だったようで、広いモール内はあちこちイルミネーションでキラキラしていて、想像以上におしゃれな街でした。

博多駅にはお土産を買うのにバッチリな場所がいくつもあり、常に活気があってあっという間に時間が過ぎました。また是非家族で福岡に旅行に行きたいと思います。