旅行先と時期を教えてください。

旅行先:淡路島
時期:2016年4月頃
一緒に行った人:家族・親戚

淡路島宿泊先を教えてください。

宿泊先:かんぽの宿 淡路島
住所:兵庫県淡路市富島824
サイト:https://www.kanponoyado.japanpost.jp/awajishima/

口コミ:値段の安く料理も美味しいので家族や親せきで泊まるならおすすめです。

旅行の体験談を教えてください。


平成28年の4月9日、10日と淡路島に行ってきました。お昼頃にONOKOROに着いたので、まずは乗り物に乗りました。機関車などもあって主人と子どもが乗ったのですがまだ咲いていた桜の木がきれいでした。

乗り物に乗ってから『童話の森』へ行きました。童話の森は「3匹のこぶた」や「ジャックと豆の木」、「おやゆび姫」など童話にでてくるキャラクターたちを展示してあって写真を一緒に撮ったりと子どもはかなり喜んでいました。

他には「はだかの王様」、「3匹のこぶた」、「西遊記」、「ヘンゼルとグレーテル」、「赤ずきん」、「アリババと40人の盗賊」が展示しているようです。
よくできていて自分が物語に登場しているかのような気分になりました。

『ミニチュアワールド』も見にいきました。ミニチュアワールドはピョートル大帝がロシアにベルサイユ宮殿以上の宮殿を造ろうと計画をして、その後女帝エカテリーナ2世によって完成したといわれる「ピョートル噴水宮殿」、イタリアのロマネスク様式の鐘楼(しょうろう)で建設した場所の地盤が弱かったことから傾きはじめ、修正しつつ完成した8層の「ピサの斜塔」、ナポレオンの戦いでの勝利を記念して建てられたという「エトワール凱旋門」。

実物には右柱に“出陣”、左柱には“勝利”が刻まれているのですが、ミニチュアでは確認するのを忘れてしまっていました。
ゴシック様式の最高峰といわれている「ノートルダム寺院」はよく出来ていて興味深かったです。他にもたくさんのミニチュアの建築物が展示してあり、すべて見終わったと思っていたのですがいくつか見れてないものもありそうです。

他にもたくさんのミニチュアが展示してあったのでONOKOROに行くならぜひ見てほしいです。
ミニチュアワールドは大人も見ていて飽きなかったです。一緒に行っていた子どもも興味深く観察していたため、ゆっくりと見て回ることができました。

足湯もあって息子も一緒に浸かりました。
恐竜まつりが開催中だったので園内を歩く恐竜を触ってみたり展示されている恐竜と写真を撮ったりして子どもは楽しめたみたいで良かったです。

閉園まで過ごして夜はかんぽの宿に義家族と集合して一泊しました。
かんぽの宿は兵庫県内だけでも淡路島、有馬、赤穂といくつかあるのですが淡路島は立地が良いせいかけっこう満室が多くて私たちが宿泊した日も宿泊客が多かったように思えます。
大人8人、子ども7人の15名での宿泊だったため、宴会場を借りて夕食をいただきました。
あっさりとした和食がメインで美味しかったです。やっぱり上げ膳据え膳はいいですね。
主人は旅行などほとんど連れて行ってくれることがないので義父には本当に感謝です。

翌日はホテル内のレストランで朝食をいただいてから『兵庫県立淡路島公園』へ行ってきました。

兵庫県立淡路島公園は、大型のローラーすべり台やアスレチック遊具や水上遊具があって、
子どもの遊び場としては最適です。芝生広場はではバトミントンやサッカーなどのボール遊びをする人たちが多かったです。
中でも大きな砂山のようなトランポリンが大人気でした。

これらが無料で遊べるのも魅力ですよね。もちろん駐車場も無料です。
公園内で最も自然が豊かな森のゾーンもおすすめです。

また、ハイウェイオアシスにオアシス館があり、オアシス館の山側には四季の花が美しい「花の谷」があります。レストランで食事をしたり、お土産などを買うときに立ち寄ってみるのも楽しいと思います。

国営の淡路島公園へは訪れたことがあったのですが、こちらの公園は初めてでした。
(国営の公園は有料です。)
桜の木もたくさんあって満開の時期には混むんだろうなぁ。

6月には約1万株もある「アジサイの谷」のアジサイが見られるそうです。
淡路島に旅行するなら、またぜひ立ち寄りたい場所になりました。


そして義両親はひと足先に公園をあとにしたので、私も含む夫の兄弟とその子どもたちみんなで道の駅にも立ち寄りました。各自で好きなものをチョイスして昼食を取りました。
海鮮丼やコロッケ、天ぷらなどいろいろ迷いましたが海鮮丼にしました。
道の駅の奥には明石大橋が見えるので記念撮影などしてる人たちもいて旅行気分を満喫しました。

淡路島はよく遊びに来ているほうですが、食べ物も美味しいし、遊ぶところやおしゃれなスポットがたくさんあります。
高級リゾートホテルや旅館もたくさんあって温泉もいくつかあるので関西地方に住む人には人気の場所だと思います。
次回は淡路島では有名な『3年とらふぐ』を食べに行ってみたいと思います。