旅行先:石垣島
時期:2016年8月
一緒に行った人:家族

宿泊先:ルートイン グランディア石垣
住所:沖縄県石垣市新栄町21
サイト:http://www.hotel-grantia.co.jp/ishigaki/

口コミ:大浴場もあって、素敵なホテルでした。スタッフさんもとても親切な方で、夜は、ショー?みたいな踊りを披露してくれたりと楽しかったです。


私は、石垣島に出掛けるのは、3回目で昨年は、島でぶらりとしようとなりました。

まず初日は、川平湾からスタートしました。
何回訪れても素敵な場所。心がとても癒されるのを感じるのです。

この場所は、パワースポットとしても有名だそうです。
エメラルドグリーンの素敵な色の海です。

天気によって海の色も違うそうで、曇りや雨の日でも素敵だそうですよ。私達が行った時は、天気もよく最高でした。

グラスボートで海底を見学出来るのも魅力で、お魚さんやサンゴ礁をスタッフの方が説明してくれるのです。

間近で見れるなんて、本当に素敵で、まるで海の中を泳いでいるみたいです。30分もあるので、満喫出来ますよ。

屋根もあるので、雨の日でも大丈夫だそうです。

お昼ご飯に、近くまでドライブして、見晴らしのいい上にあるレストランにしました。

ポーザおばさんというお店で、島料理屋、八重山そばもあります。私は、とんかつ定食を注文したのですが、八重山そばのミニサイズがついて来ました。美味しかったです。

その後、グラス作りに出掛けました。
琉球グラスを手作り出来る所で、色やデザインも選べるのです。

まずは、説明を聞いてから、作りたいグラスの形や色、デザインを紙に書きます。色は選べますし、アクセントで入れる色もたくさんの中から選べます。

デザインが決まると、いよいよグラス作り。
熱々の工房へと移動し、スタッフさんが説明をしてくれます。

私は、マーブル模様を入れたかったので、棒の先端にある熱々のガラスにマーブル模様を入れるための工程をします。

棒を器用に動かしてマーブルにしていくのです。その後は、徐々に空気を入れて膨らましていきます。

グラスの下に泡を入れたいので泡液につけて、後はグラスの形にしていきます。

全部、自分で作るのでとっても楽しいのです。2日で仕上がるので旅行中に受け取る事が出来るのでオススメです。

そして、夜は有名なマグロ専門店ひとしへ行きました。大人気のお店で予約が取れないほどなのです。

新鮮なお魚から洋食までなんでも揃っている居酒屋さんなのです。どれを食べても大満足なお店でした。

石垣島といえばやはり海です。
次の日は、米原ビーチでシュノーケリングに出掛けました。

人気なスポットなので、人も多いのですが、キレイな海にお魚さんがいっぱいいました。

波はなく穏やかな場所なので、安心して泳げますね。岩や石があるので海用の靴を履くのがオススメです。ビーサンだと脱げてしまいます。

シャワーや駐車場は、近くにあるので便利です。
シャワーは、浴びなくてもベタベタしないので、タオルで拭いてホテルでシャワー浴びてもいいかもしれませんね。

そして、夜は石垣島といえば石垣牛!
焼肉のおときちさんへ行きました。石垣島は、観光シーズンは、飲食店がいっぱいになるので予約をするのがオススメです。

焼肉さんも大人気で満席でした。美味しいと評判なほどお肉はとても美味しくて、サイドメニューも充実していて、美味しかったです。スタッフさんの愛想もよくて素敵なお店でした。

帰り道、地元の商店に寄ってみたのですが、地元の食材やお惣菜があり、明日の朝用に購入しました。

サーターアンダギーは、大きくて安い、味も2種類ぐらいあり美味しかったです。

最終日も、やはり海へ行きました。今回は、フサキリゾートへ行きました。フサキリゾートホテルの中にあるビーチで、プールやシャワーも完備されていて、キレイな海です。

また夕日も有名な場所なのです。ここは、監視員もいるので安全で安心出来るビーチです。

売店も近くにあり、パラソルも借りる事が出来るので日焼けの心配も大丈夫でした。

また、ホテルの中にあるビーチなので、食事も楽しめます。

2泊3日のライスにふさわしい素敵な夕日を家族で眺めとてもいい素敵な旅行になりました。

石垣島には、本当に魅力がたくさんあります。今回は行かなかったのですが、近くに離島もあるので船ですぐ行けるのです。

島々には、それぞれの魅力がありまた素敵な場所なのです。

そして、石垣島の人は、本当に素敵な人達ばかりです。旅行最中に出会った島の方で今でも連絡をとっている方がいるほどなのです。

とても親切で優しい人が住む島。それが石垣島です。昔ながらの人と人との繋がりを大切にする島。

心が疲れた時に、南国へ行きたくなる理由がここにはあります。
都会では感じる事がない事も感じる場所、石垣島。

また行きたくなり、住みたくなる場所です。