旅行先:静岡県浜名湖周辺
時期:2016年12月下旬
一緒に行った人:夫、妻、小学生の子供二人、祖母
宿泊先:ホテル九重
住所:静岡県浜松市西区舘山寺町2178
サイト:www.hamanako-kokonoe.jp/

口コミ:舘山寺の一流旅館「ホテル九重」で年末を過ごしましたのですが一流という名にふさわしいサービスでした。温泉に入ったり、遊覧船になったり、ラウンジでショーを見たり、サロンでマッサージを受けたりと一年の疲れを癒すことができました。


「年末を旅館でゆっくり過ごしたい」という実家の母の希望で浜名湖舘山寺の「ホテル九重」への宿泊を決めました。
浜名湖は日帰りでは何回か訪れたことはあるものの、宿泊するのは初めてでした。
自宅から近場で年末なので天候が芯お会いだったので「雪が降らない場所」ということでここに決めました。

豊橋インターで降りて以前食べておいしかった「豊橋うどん」を食べに行きました。
カレーうどんなのですが、玉ねぎ丸ごと一個のフライが乗っており、器の下のほうにはとろろのご飯が入っているというB級グルメです。
まろやかなカレーのルーにとろろご飯が絡みおいしいかったです。

下道をしばらく走り「赤塚公園」に行きました。
こちらは無料で利用できる施設なのですが、小さな動物園と水族館があります。
ヤギに触れあったり、ウサギを触ったり動物好きの娘は喜んでいました。

依然、訪れたときによりも施設もきれいになっていました。
夏には川遊びも楽しむことができる小さなお子様がいる家族にはお勧めのスポットです。

3時にはホテル九重にチェックインしました。
旅館の方から、「よかったら4時から遊覧船が出ますのでどうぞ」とチケットをもらったのでそれまで部屋でゴロゴロしていました。

遊覧船は宿泊者でごった返していましたが、何とか席に座ることができました。
浜名湖を周遊するコースでデッキではたくさんのカモメが来たようで、息子と夫はエサ槍をしていました。
娘は遊覧船に酔ったようでブルーな感じでした。

遊覧船の後は娘と私は足湯を堪能しました。
夫と祖母と息子は部屋に戻り温泉に行きました。

温泉は浮世絵が書かれた大きなうち風呂と大正ロマンあふれるうち風呂が男女交代制で入れます。
個人的には浮世絵の絵が描かれた温泉が落ち着いた感じがして好きでした。
露天風呂からは浜名湖が一望できます。

私が宿泊予約に利用したサイトの特典で「メンバーズラウンジ&庭園露天風呂」が利用できました。
メンバーしか入れないので貸し切り状態で祖母と二人でゆっくり過ごしました。
温泉から出た後にはソファーなどが用意されたラウンジがあり、こちらで無料ドリンクを飲んで過ごすことができました。

レストランの個室で食べたのですが、料理が一品一品運ばれてくるのが遅かったので残念でしたが、お料理自体は繊細でおいしかったです。
特に感動したのは娘に頼んでおいた「お子様ランチ」で木のおうちの中に様々な料理が入っており娘は大喜びでした。
締めには浜名湖の名物であるウナギもいただきました。

食事の後は温泉を楽しみ、大人はサロンで足つぼマッサージをしました。
その間、子どもはお土産屋を見たり、ラウンジでのショーを見て過ごしていました。

翌朝も同じ場所で「和定食」」の食事をいただき、子供の希望で「浜名湖パルパル」の遊園地に行きました。
ホテルから事前に割引券をもらっていたので、お得に入場できたことと、ホテルから遊園地までも送迎してくれたので助かりました。
車も荷物もその間預かってくれるのでこうしたサービスはうれしかったです。

浜名湖パルパルは子供たちだけ「パスポート」を購入して乗り物を楽しんでいました。
年末ということもあり寒いので待っている大人は大変でしたが、混雑はあまりなく並ばずに乗り物に乗れました。

お昼まで遊園地を満喫後、浜名湖のB級グルメである「牡蠣かば丼」を食べに事前に調べて置いた「舘山寺園」という飲食店に行きました。
浜名湖が一望できるお店で、子供は刺身定食とアサリ汁を大人は牡蠣かば丼を食べました。
思ったよりもおいしいものではなかったのですが、目的のものが食べれてよかったです。

食事の後は、敷地内にある「舘山寺」に行くことにしました。
急な階段が続き子供や祖母は「怖い」と言いながら必死に上りました。
賽銭を投げておみくじを引き、お寺を後にしました。

お土産を買いに今度は「うなぎパイファクトリー」に向かいました。
こちらでは無料で工場見学ができる上に、うなぎパイが無料でもらえるのでお得です。
この日お年末の休日ということもあり混雑していました。

うなぎパイファクトリーを後にし、まだ時間が3時と早かったので、以前、訪れて素敵だった「龍胆寺」を訪れることにしました。
龍胆寺はとにかくお庭が素敵で、縁側に座りながらのんびり庭の美しさに浸っていました。
日常の喧騒を忘れさせてくれる素敵な場所です。

子どもが疲れていたこともあり、少し早かったのですが5時には浜名湖を出て高速道路に乗り帰路につきました。