旅行先:ポルトガル リスボン
時期:15年5月
一緒に行った人:一人旅

宿泊先:Happy@chiado
住所:Rua do Loreto 13, 1200-241 Lisboa, Portugal
サイト:https://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g189158-d2513382-Reviews-Happy_Chiado-Lisbon_Lisbon_District_Central_Portugal.html
(無しの為、トリップアドバイザーより)

口コミ:アパートメントタイプでバストイレは共有ですが、町の中心地にあり利便性が良いです。テラスからの眺めも良くてオススメです。

ポルトガルの首都リスボンに2泊3日の旅行をしました。リスボン空港から市内までは、リスボンメトロと呼ばれる地下鉄で手軽に行くことができます。

リスボンメトロは路線が青、赤、黄色、緑と分かれており、それぞれカモメなどのイラストも付いているので分かりやすい路線となっています。また、ICカードのようなリスボアカードやフリー切符も充実しており、予算的にもお得に行くことができました。

しかし、いまいちリスボアカードの使い方が分からずにいたところ、親切なポルトガル人がカードの使い方を教えてくれました。おかげでポルトガルの人びとは物腰柔らかくフレンドリーで、親しみがある印象です。

各駅はとてもカラフルでおしゃれな作りになっていて、ポルトガルの偉人がポップなイラストや、まるで水族館のように壁一面に魚の群れが描かれている駅もあります。ついつい各駅を降りて写真に収めたくなるような魅力でした。

数駅乗ると、インターネットで予約していたホテルのあるシアード地区に着きました。シアード地区は古くからの景観が残る素敵な場所で、坂の先には真っ青な海が見えます。

太陽と海がとても似合う場所で、建物の伝統的な装飾も映えて一気にお気に入りの場所になりました。ちなみに初夏の5月くらいに訪れましたが、市内はもう真夏と言っていいような暑さで、半袖で十分なくらいでした。

アパートメント型のホテルに荷物を置くと、早速町の探索に出かけます。その日は日曜日だったのでお店はお休みのところが多く、ひたすら市内を歩き回っていました。

海辺の近くにはカフェやレストランがいくつか出ていたので、冷たいものとパフェを頼んで小休憩して、また心地よい潮風を感じながら海沿いを散歩したりと贅沢な時間を過ごしました。リスボンには大きな橋があり、巨大なキリスト像も見えたりとそのスケールの大きさにも感動します。

散歩したあとは坂の上を徒歩で登っていき、日本との交易品を飾っている博物館に行きました。南蛮貿易の交易品や屏風を見たり、ポルトガルの栄華を象徴する宝もたくさんあって、見応え十分でした。

帰りも路面電車は面倒くさがって乗らなかったのですが、せっかくの夕暮れ時だったので乗って帰れば良かったなと今になってちょっと後悔しています。

夜は適当なレストランに入って、ポルトガルの名物であるタラのバカリャウを食べました。レストランというよりは食堂に近いような老夫婦がやっていたところですが、塩気がちょうどよくてすごく美味しかったです。

翌日は少し遠出をして、バスセンターからバスに乗り、ローマ時代の古代遺跡のあるエヴォラに行きました。始めは電車で行こうとしたものの、電車は数時間に一度しかなく利便性が悪かったので諦めました。

ポルトガルの長距離バスはチケットを買うと席の番号が割り振られています。ポルトガル語がさっぱり分からなかったので適当に座ってしまったのですが、ちょっと笑われてしまったものの、乗り合わせていた人たちが親切に教えてくれました。

エヴォラは教会を中心とした小さな城塞都市のような街並みで、観光客は訪れるもののひっそりとした静けさがあります。ここにはローマ時代の神殿のような遺跡があり、絶対にそれが見たくてはるばるやってきました。

その遺跡は1つだけですが、真新しいような広場の中に古代からの遺跡があるのはとても不思議な感じで感動します。エヴォラには他にも骸骨だらけの教会もあったり、なかなか観光で訪れるのもオススメです。

帰ってきてからはリスボンの市街地に行ってみました。眺望の良いエレベーターや、ショッピングストリート、デパートなどの見所があり、若い人がたくさん出歩いているので活気もあります。

夕方にはお城の方に行き、高台から眺める夕焼けに染まったリスボンの街並みは本当に素敵でした。翌日は最終日でしたが、有名な世界遺産のジェロニモス修道院とベレンの塔に行きました。

生憎どちらも長蛇の列で早々に諦めてしまいましたが、外観だけでも素敵です。この辺はツアーで参加した方が順番は優先されるかもしれません。

近くでは名物のパスティスドナタ、いわゆるエッグタルトを食べました。ポルトガルが本当に食べ物が美味しくて、魚料理、オリーブやチーズ、お菓子類は必ず食べて見てください。

また、物価がヨーロッパ諸国よりも安いので、リーズナブルに観光や食事が出来る点が魅力です。何より景観の様式美が美しく、訪れる価値は高いです。