旅行先:京都
時期:2015年5月24日・25日
一緒に行った人:私の一人旅

宿泊先:ホテル近鉄京都駅
住所:京都府京都市下京区東塩小路
サイト:http://www.miyakohotels.ne.jp/kyoto-station/

口コミ:ホテル近鉄京都駅は、部屋から京都駅のホームが展望できる鉄道ファンにはたまらないホテルで満喫することができました。

京都という街は、お寺巡りと言っていいほど寺社仏閣が多い町で、特に「清水寺」「金閣寺」「銀閣寺」は是非参拝したい観光スポットで、これに「嵐山」と「祇園」の名所スポットを加えた5個所は絶対に外せない京都観光の定番ですから、この京都観光名所スポット5選を訪ねました。

「清水寺」は、京都観光の定番であり、その舞台に立てば気分爽快、東山の音羽山を背中に重要文化財指定の仁王門、西門、三重塔が待ち受けています。四季それぞれの美しさを見せてくれる懸崖造りの本堂(国宝)は断崖の上に突き出ていて、その舞台からの眺望は最高でした。ここは世界文化遺産に登録されています。

私の清水寺周辺のお勧めコースをご案内しますと、市バス五条坂バス停から清水寺に向かう坂道(清水坂)には、たくさんのお土産屋さんがあり、その繁盛ぶりには驚かされました。

拝観後、清水坂を戻り産寧坂から二年坂を通って豊臣秀吉の正室の北政所ゆかりの高台寺に立ち寄り、圓徳院から八坂神社(写真添付)、知恩院に至り平安神宮から南禅寺に出る約1時間を歩く散策コースが見所も多くお勧めです。

途中に坂本龍馬の墓がある霊山護国神社や幕末維新ミュージアム霊山歴史館に立ち寄りました。

続いて訪れたのが、鏡湖池に金色に映る姿がまぶしい金閣寺(写真添付)です。

建物に金箔を張り付けた圧倒的な存在感のある鹿苑寺(ろくおんじ)とも呼ばれます。

日本人だけでなく外国の人々にも人気一番のお寺で、どこの寺院も同じで、仏閣を小さく庭園を大きく広く造られているので必然的に美しい庭園を散歩することになり三層造りで三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建物で世界遺産に登録されています。

お寺の入り口、総門を入ると受付があり拝観料を支払うとパンフレットと一緒に入場券ならぬ、お札が貰えます。

鹿苑寺の寺名は室町幕府三代将軍足利義満の法名鹿苑院殿から二字をとって名付けられている。屋根には菩薩様の化身とも言われる鳳凰が輝いており金閣(舎利殿)には、お釈迦様の骨を祀ってあるそうです。

金閣寺は、華やかな美しさでしたが銀閣寺(慈照寺)は、静かで落ち着のある美しさを持っていました。総門を入ると約50m中門まで続く背の高い垣根が現れ、この銀閣寺垣は訪れる人に安堵感を与える目隠し効果になっているそうです。

八代将軍足利義政が金閣寺を模して造ったお寺で、世界遺産に登録されています。

四季折々の美しさが心に残る渡月橋の嵐山は癒される時間を満喫できました。

渡月橋に代表される嵐山は、新緑の季節、紅葉の季節、白銀の季節、何時訪れても心に残って離れない観光スポットです。

この橋を渡ると癒される時間を満喫出来ます。

私のお勧めスポットは、天龍寺から嵐山の竹林を散策するコースです。

法輪寺の方角から渡月橋を渡って京福電鉄の嵐山駅を通り過ぎ少し行くと見えてくる市バス嵐山天龍寺前バス停の先を左折し、曹源池庭園で有名な世界遺産の天龍寺を拝観しましょう。

その後、北門から出て目に飛び込む緑一色の竹林の道は圧巻でした。

夜にはライトアップされてロマンティックな雰囲気を作り出していました。

ここには是非、夕方に訪れてください、そのライトアップされた光景に感動を覚えることでしょう。

竹林の景色が心を洗ってくれる場所で、周囲が静かな時には、耳を澄ませると竹同士が風でぶつかって心地よい音が”ザワザワ”と聞こえてきます。

京都と言えば舞子さんと言われる憧れの町、祇園ですが、運が良ければ舞妓さんに会えるかもしれません。

祇園の少し裏通りを入ると迷路のようで冒険気分の散策が楽しめました。

花街だから綺麗な芸子さんや舞子さんに会えるかもしれないという期待で散策しました。

鉄道ファンには、車両に乗ることが好きな“乗り鉄“に鉄道模型が好きな”模型鉄”に時刻表を見て楽しむ“スジ鉄”に写真を撮ることが好きな“撮り鉄”に分類されます。

私は鉄道ファンの中の線路や車両の写真を撮るのが大好きな“撮り鉄”人間で、今回京都駅に隣接して、駅のホームが目の前に展望できる”ホテル近鉄京都駅に一泊しました。

一日中、目の前を行きかうJRの車両や近鉄の車両を見ることができて涙ものでした。

部屋のタイプには、”新幹線側”と”在来線側”があり選ぶことが出来、私は”新幹線側”を指定して行きかうJR西日本の新幹線”N700系”の勇姿を堪能することができた旅でした。(部屋から駅を見た写真添付)

次回訪れる時には”在来線側”の部屋に泊まろうと思っています。

京都旅行の定番で絶対はずせない観光名所スポット5選と鉄道を満喫する旅をしてきました。