旅行先:山梨、長野、茨城、千葉
時期:2015年8月
一緒に行った人:父、母
宿泊先:ドーミーイン甲府
住所:山梨県甲府市中央1-14-3
サイト:http://www.hotespa.net/hotels/kofu/access/

口コミ:お部屋は清潔感があり、フロントの対応も良い。屋上の露天風呂が雰囲気もよく最高。

2015年、お盆休みを少しずらして父と母と私の3人で山梨県〜長野、茨城を巡る旅行をしてきました。

埼玉を夜明けごろ出発し、まずは富士五湖周辺をぐるぐるとドライブしました。

河口湖周辺で天然石の採掘を体験しました。
大量の砂の中から天然石を探すと言うイベントです。

案外大人でも夢中になれて、泥だらけになりながらも大きな石をゲットできて楽しかったです。

併設しているパワーストーンショップではオリジナルのブレスレットやストラップなどが作れるようで大盛況でした。

またぐるりとしている途中で西湖いやしの里根場と言う施設の看板を発見し立ち寄ってみる事に。

大きな看板ではなかったので期待はしていなかったのです。

入り口からしてジブリ映画に出てきそうな古き良き昔の村のような雰囲気にワクワクしながらいやしの里の入り口をくぐると…

本物のジブリ映画の世界観がそこにはありました。
吸い込まれそうな青い空と入道雲、舗装されていないデコボコとした砂利の坂道、茅葺き屋根。

息を思いっきり吸い込むと夏の草や花の香りが広がって、坂道を登って汗だくの身体が癒されていきます。

そして里の1番高い位置にあるお屋敷に辿り着くと、雲で隠れていた富士山のてっぺんがほんの2.3分だけ顔をだしてくれました。

私はこういった田舎の良い景色に慣れ親しんでいないせいか、新鮮で楽しかったのですが、母が子供の頃はこう言った場所もまだ多かったようで懐かしんでいました。

コウモリがいると言う氷穴も見たかったのですが、すごく混雑していたので断念。

母はコウモリが怖いそうなのでホッとしたようです。

富士五湖周辺にはまだまだ立ち寄ってみたいスポットがあったので、近々また行きたいと思います。

花の都公園や、河口湖オルゴールの森、河口湖ハーブ館なんかは次回行こうとパンフレットを貰ってきました。

そうして夕方頃に甲府市内へと移動し、まだ明るい内にと舞鶴城公園へと足を運びました。

復元された門の数々も立派でしたが、当時のまま残されている部分も歴史の重みを感じるもので、

甲府城の様々な歴史解説を読むと甲府と言う地は戦乱の世で重要な場所だったのだなぁと学ぶ事もできます。

天守閣跡からぐるりと見渡す夕焼けに染まる甲府市内は、知らない街なのにどこか懐かしく日が落ちる頃まで景色を眺めてボーッとしてしまいました。

宿泊先はドーミーイン甲府。
地元にもあるホテルチェーンだったので安心して宿泊する事に。

ですが、地元のホテルよりもとても施設が豪華で屋上の露天風呂は特に最高です。
雰囲気の良いウッドデッキになっており、間接照明がほのかな明かり。

訪れた時期が流星群の時期だった事もあり、満天の星空を眺めながらの入浴は最高の癒しでした。

他の観光地よりも海外の宿泊客も少なく、静かで穴場のホテルです。

更に朝ごはんのバイキングもやはり地元のドーミーインよりも豪華で品数が多く、たくさん食べる父には有り難かったようです。

2日目。

お天気にも恵まれ、長野の白樺湖方面へ。

やはり避暑地だけあってとても涼しく、道路の温度表示は26度。

白樺湖リゾートとよくテレビで言われていたので大層賑わっている観光地かと思いきや、時間の流れがゆったりした良い場所です。

白樺湖では父と母と3人でスワンボートに乗りながら湖上の涼やかな風を感じて、流れる雲を眺めると言う贅沢な夏を過ごしました。

そして長野と言えばお蕎麦のようで、白樺湖沿いにあるとあるお蕎麦屋さんに入ったところ、知る人ぞ知る有名店でした。

まず、メニューがざるそばしかありません。
ですが、そのざるそばが究極のざるそばと言っても過言ではないほどです。

蕎麦の実の香りがしっかりと広がり、弾力のある麺がツルツルと良い喉ごしで、普段より多くお蕎麦を頂いてしまいました。

また長野方面へ向かう際は必ず立ち寄ろうと思いました。

その日の晩はスーパー銭湯のような所で寝泊まりし、3日目。

なんとなくまだ旅が続けたい私達は地元を通り越して大洗方面へ。

大洗は大体2〜3ヶ月に1度行くほどお気に入りで、お魚や地元のお野菜を買って、お寿司を食べて帰ってきます。

この日もお魚屋さん巡りをしてお魚をたくさん買って大洗海岸を眺めながら帰路につき

途中千葉の道の駅にも立ち寄りながら無事に帰宅しました。

友人達にお土産を渡した所、長野に、山梨に、茨城、千葉のお土産が各種あったので

どこに何しに行ったのか謎だと言われましたが、私的には満足する夏休み旅行となりました。