旅行先:大阪
時期:冬(1月)
一緒に行った人:こども(1歳)、妹(妊婦)
宿泊先:伏尾温泉 不死王閣
住所:大阪府池田市伏尾町128-1
サイト:公式ホームページ

口コミ:こどもと妊婦連れでの宿泊でしたがとても満足しました。

わたしたちは、1月の末ごろに旅行に行きました。
私たちは車で旅館まで行きましたが、不死王閣の最寄駅の池田市駅からシャトルバスも出ており大変便利だなと思いました。
旅館はけっこう山の中にあります。よく言えば緑がいっぱいだしすごく静かなところです。

1歳のこどもと妊婦が一緒ということで、なにかと不便があるだろうなと少々覚悟をしておりました。
1泊2日での宿泊でした。

ですが、フロントで受け付けの際、「お子様にいろいろなアメニティをお貸ししておりますが・・・」と言われ、写真つきのファイルを持ってきていただきました。
そこには、ベビーチェアーやおむつ用のごみ箱、バスチェアー、おもちゃ、除菌シートなどが書いてありました。
私は、食事用のベビーチェア、おむつ用ごみ箱、バスチェアー、加湿器、ブロックのおもちゃを貸していただきました。

どれもすごく役に立ち、こどもも退屈せずにおもちゃで遊んでくれました。

お部屋はエレベーターに一番ちかい角部屋を用意してくださいました。

夕食は部屋食にしてもらいました。
こども用に離乳食を持参しており、食べさせようとしていたら、旅館の方が「よかったら温めてきましょうか?」とおっしゃってくれて
こどもにも温かいご飯をあげることができました。

妊婦にも夕食のメニューで食べれないものがあるか、などとても親切にしていただきました。

夕食後、お風呂にいきました。
通常のロッカーのほかに、少し大きめのロッカーもあり使いやすかったです。
ベビークーハンもありました。うちの子はクーハンを使う時期はすぎていたので使用しませんでしたが、まだあんよが出来ない、寝返りできない赤ちゃんなどであれば
とても役にたつだろうなと思いました。

温泉の受け付けの方がこども用にとバスタオルをソファーに敷いてくれたり、タオルを多めに追加で貸していただいたりしました。
わたしはお部屋からバスチェアーを頑張って大浴場まで持っていったのですが、大浴場の脱衣所にも1つバスチェアーがありました。
温泉は、大浴場のほかに露天風呂も3、4つありました。

シャワースペースも広く、ゆっくり温泉に入ることができました。
こどもも、いつもは家のお風呂しか入ったことがなかったので、旅館の大きなお風呂に入れてとても楽しそうに入っておりました。
露天風呂はこどもがいたので、翌朝にひとりで入りにいきましたが、開放感がありキレイでゆっくり入ることができました。

お部屋にも露天風呂(温泉ではない)がありました。
お部屋についている露天風呂といえば、あまりキレイなイメージがなかったのですが、洗い場も浴槽もとてもきれいでした。
夕食前と夜の2回も入りました。


朝ごはんはバイキング形式でした。
こどもと妊婦がいるため、掘りごたつの個室にしてもらいました。
そこで、食事用のベビーチェアを部屋から持ってくるのを忘れてしまってとりに行こうとしたら、旅館の方がフロントから新しいベビーチェアーを
持ってきてくれました。

バイキング形式ということもあり、和食、洋食どちらとも堪能できました。
不死王閣は大阪の池田市にあるということもあり、池田市はチキンラーメンの発祥の地と言われており、近くにキチンラーメン博物館もあるので、
おにぎりの具は、梅・鮭・昆布・おかかのほかに、チキンラーメンという具がありました。食べてみましたが、おいしかったです。
おいしかったので朝から食べすぎなくらい食べてしまいました。

こどもには持参した朝ごはんをあげたのですが、今度来たときはおにぎりも食べさせたいと思いました。
こどもが食べ終わったあともベビーチェアーでおとなしくしてくれていたので、ゆっくり朝食をいただくことができました。

チェックアウトは宿泊予約の際にベビープランにしていたので、通常10時?チェックアウトのところ、12時チェックアウトだったので、
朝食後、お部屋で休めたり、お土産を買いに行ったり、チェックアウトの時間までゆっくり過ごすことができました。

最後にひとつ残念だったのが、食事処のお手洗いがとても狭かったところです。
ドアをしめて座ってすると、ドアに膝が当たってしまいます。
あと、食事処のお手洗いだけ少し古い、汚かったように思えます。

ですが、全体を通してとても満足のいく旅行だったと思います。
今度、行くときは家族で来れたらいいなと思います。
夏はプールもやっていると聞いたので、次回は夏に来たいと思いました。