旅行先:飛騨高山
時期:H29.3.19~3.20
一緒に行った人:一人旅

宿泊先を教えてください。

宿泊先:飛騨高山温泉 お宿 むひょう館
住所:岐阜県高山市三福寺町169
サイト:じゃらん

口コミ:飛騨牛づくしの料理が絶品。女将さんの接客が素晴らしい


3月の連休に岐阜県の飛騨高山へ一人旅で行ってきました。
前日は名古屋に宿泊し、翌日の午前は名古屋を観光、午後、名古屋駅から高速バスに乗り、約2時間半で高山駅に到着しました。

その日は到着したのが既に夕方近かったので、旅館に泊まるだけでした。宿泊したところは昔ながらの旅館といった雰囲気で、部屋はお世辞にもきれいではありませんでしたが、とにかく食事が美味しかったです。

夕食は岐阜県のブランド和牛である飛騨牛の料理がメインでした。すき焼きや、ローストビーフ、串焼など一度に色んな料理を味わうことができて大満足でした。女将さんが丁寧に料理の説明をしてくれたのですが、殆どが地元の食材を使っているのだそうです。その説明を聞いたからなのか、地元で作られたというお米がすごくおいしく感じられて、普段は1杯しか食べない私が3杯位食べてしまいました。ドリンクが1杯無料でついてくるサービスも良かったです。

2日目は旅館から送迎バスで高山の街へ。

高山観光の話の前に、女将さんの接客が素晴らしかったので、そのエピソードをいくつか紹介します。
ロビーでバスを待つまでの間、コーヒーの無料サービスがありました。最初、コーヒーの機械がうまく作動せずコーヒーがちょっとしか出なかったのですが、それを見た女将さんが「ちゃんと出なかったでしょ?もう1杯飲んでいってね。」と声をかけてくれました。

女将さんから「今日は何処を観光する予定ですか?」と聞かれたので、予定している行き先を話すと、終点の高山駅まで行ってしまうと遠くなるから途中のどこそこで降りた方が良いと教えてくれました。バスに乗る前に旅館の写真を撮ろうとした時、旅館と一緒に私の写真を撮ってくれました。
バスが出発する際も手を振って、私たちを見送ってくれました。

他のお客さんは家族連れや、カップルばかりだったのですが一人旅の私に対してもこの様にきめ細やかで、心遣いのある接客をしてくれたことがとても嬉しかったです。

高山の街観光のスタートは宮川朝市からスタートしました。バスで降りたところがここです。宮川という川沿いに多くのお店が出て、地元の食材などが売られています。
9時~12時までやっているので、お土産をここで買ってしまうとずっと持ち歩くことになると思い、後で再度来ることにしました。続いて向かったのが宮川に架かる中橋です。真っ赤なその橋は写真の撮影スポットととなっており、既に多くの観光客がいました。私もここで写真を撮り次の目的地へ。

次の目的地は高山陣屋という江戸時代の役所です。日本に唯一残っている陣屋なんだそうです。そこに入る前にすぐそばにある団子屋さんへ行きました。みたらし団子が人気のお店です。普通のみたらし団子とは違い、全然甘くなく醤油味なのですが、焼き立てでふわふわの団子が美味しかったです。それから高山陣屋へ。
高山陣屋は多くの部屋があり、庭園や、資料の展示などもあり、江戸時代に思いをはせながら建物の中を見学する事が出来ました。

高山陣屋の次に向かったのは人気のわらび餅屋さんです。早い時間で売り切れることもあるということを事前に調べていたので、午前中のうちに行くことにしました。
私の前のお客さんは一度に3個買っていました。お土産用にと複数個買っていくので、早く無くなってしまうみたいです。無事にゲットできたので一安心でした。

次に向かったのが高山観光といったらここという「古い町並み」です。多くのお店が連なる通りは観光客でごった返していました。ここで絶対食べようと思っていたのが、飛騨牛の握り寿司です。飛騨牛の握り寿司のお店は競合する2つのお店が斜めに向かい合って建っているのですが、どちらも行列ができていました。並ぶこと15分くらいでしょうか、ようやく自分の番が回ってきました。面白いのが握り寿司を丸いえびせんの上に載せて渡してくれることです。食べ歩きしやすい様に考案されたんだとか。いいアイデアだと思いました。

前日、散々飛騨牛を食べたのにと言われそうですが、生で食べるのもまた違った美味しさでした。
色んなお店を見ながらしばらく通りを歩き、ちょっと早めの昼食は高山ラーメンを食べることに。まだ11時台でしたが食べログで1位のラーメン屋さんは長蛇の列ができていたので、そこは諦め他のお店へ、さっきのお店ほどではありませんでしたが、お客さんは何人か並んでいました。

10分くらい並んで、お店の中へ。麺は縮れ麺、醤油ベースのスープはあっさりしていて食べやすかったです。観光地だからと言って高くはなくお値段も手ごろでした。
12時近かったので急いで、宮川朝市に戻り、地元で手づくりの豆餅と、クルミ餅をお土産に買いました。
高山の通りには酒蔵が何件か並んでいるのですが、酒好きの父のお土産にしようと1件の酒蔵に向かいました。そちらのお店では200円払えば、お店のお酒を試飲できるサービスがあります。

酒に強くない私が試飲したら、酔っぱらってしまい今後の観光に支障をきたすということで、日本酒を買うだけにしました。
お餅と日本酒を両手に持ちながらで、結構重かったのですが、最後の目的地国分寺へ。こちらのお寺には大きな銀杏の樹と五重塔があります。帰りの高速バスまでまだしばらく時間があったので、のんびり写真を撮ったり、お店に入ったりして時間をつぶし、飛騨牛コロッケをおやつに買って食べ、高山駅へと向かいました。

こうして初めての飛騨高山観光は終わりました。連休中ということもあって観光客がとても多くて、ゆっくり見て回る事が出来ませんでしたが、美味しいグルメと、歴史ある街並みを十分楽しむことが出来ました。
皆さんも、一度飛騨高山を訪れてみてはいかがですか?