旅行先:小倉
時期:2017.3.30~31
一緒に行った人:娘
宿泊先:サンスカイホテル小倉
住所:福岡県北九州市小倉北区神幸町2-1
サイト:http://www.sunsky.co.jp/

口コミ:格安のビジネスホテルですが、ビジネスホテルというよりも普通のホテルにちかいです。特にフロントがすごくきれいでスタッフも、素晴らしい対応をしてくれます。
屋上には、ステーキハウスがあり、価格も手ごろです。


2年生になる直前の、春休み。
はじめて、娘と二人きりの旅行に行きました。
お目当ては、チャチャタウンの観覧車。

観覧車大好きな娘は行く前から、ずっとたのしみにしていました。道中は長く、新幹線約五時間。そのあいだ、はじめての車内販売に、大はしゃぎした娘。
ながいながい、新幹線では二人でげーむをしたり、遠足感覚で、おかしをたべたり、お手紙交換したりといつもは長い新幹線が楽しい移動時間でした。

乗り換えもスムーズで、時期がよかったのかさほど混んでいませんでした。
2日間とも、小倉の、私にとって育ての家族である、三萩野ファミリーのもとへ。
初めて、娘を見た、家族たち。

私は少し変な感じでした。

いざ、チャチャタウンに行くと人の多さ、初めての屋外ショッピングモールに、
すこしびっくりしていた娘は突然走り出し、テントの催し物のほうへ。

私も、いつもないものがあるなーと、みていました。
かわいい、手作りマスコットなどが売られていました。

そこで、どうしても手作りの、犬のぬいぐるみがほしいといいました。
しかし、目的は観覧車。「のってからにしようね」

そういうと、少し残念そうな娘。
しかし、その後もっと衝撃的な出来事がありました。

な・ん・と・・・・あの、観覧車が修理中・・・

娘は「このために・・きたのに・・・」泣きそうでした。

慌てた私は、ゲームセンターに誘導。
なんとか、ごきげんになった娘に「かんらんしゃごめんね。あの 犬のぬいぐるみ、かいにいこうか?」

そうきくとうれしそうに「いく!!!」と娘。

3匹の中から1匹のミニチュアダックスを40分かけて悩んだ末購入。

そのご、住んでいる近くにはない300円ショップでおかいもの。
娘はとてもうれしそうでした。

夕飯は、ホテルの屋上のステーキハウス。
初めて行きましたが、安い!
そして、ほんとうに、高級料理!!

びっくりしてる、わたしよりもむすめのほうが、」びっくりしてました。

「この、おにくほっぺあおちる~。」
みたこともない、厚いローストビーフにわたしもびっくりしました。
「わたしもそれにすればよかった。」

そうおもいながら、むすめの最高の笑顔をながめていました。

門司方面の景色を眺めながら・・・。

円状のサンスカイホテル小倉の屋上、最強肉伝説!
本当に最強でした!!

ビジネスホテルというのに、眺めも良く、安いのに高級なお肉も食べれる。
最高の場所です。

夜は、夜景を楽しみ一緒にゆっくり寝ました。

翌朝テレビをつけた娘が、「え?なんでこれふるいやつ?」
そうなんです。
小倉のEテレは、直ではないので番組も違うのです。

その他の番組もそうですが。
そのことにびっくりしていた2年生直前の娘。
「テレビってきゅうしゅうじゃ、いつもの、みれないのかあ。」
すこし笑いそうになりました。

帰りは、駅付近にあるあるあるCITYによりました。
だいすきな、ポケモンのグッズを購入。
コナンも大好き、ポケモンだいすきな娘にとって最高の空間。

小倉駅でも、改札出てすぐ、USJの広告に載っていたコナンをすぐみみつけ「いっしょにとってよ!」

そのくらい、コナン、ポケモンが大好きなんです。

ここでは、あまりのひとごみに、びっくりする娘。
また、イルミネーションにも感動。
歩く歩道も、初めて見る娘は「エスカレーターが、かいだんじゃない!!」

何もかも、初めてで大興奮でした。

帰り際入り口の
マリオにチューする娘。
なんて、かわいらしい。

帰りの新幹線も、楽しい楽しい時間でした。
観覧車は、残念でしたが、多くの思い出ができました。

地元の駅につくと、パパがお迎え。
車の中で、九州でのお話が止まりませんでした。
次の日はまた、学童にいくのに、だいじょうぶ?とおもいつつ・・・。

翌朝寝坊もせずに、しっかり起きてくれました。
そんな娘は、昨日から2年生。
子供の成長は早いです。

この旅行をきっかけに、娘とのきずなが深まりました。
勇気をもって、いかせてくれた、ぱぱ、そして私の両親にも感謝です。

北九州は、母の出身地。
いつかまた、今度は3人でいきたいなあとおもっています。

親戚は、もうほとんどいませんが母は生まれたのが北九州ですが3歳の時に引っ越したので記憶にないそうです。

私が小倉をあんないしたいなとおもっています。
母と二人。
もしくは、娘と3世代での九州への旅がかないますように・・・・

ことしの娘の春休みは楽しいおもいでができて、本当によかったです。

いつも、そばに、いてあげられなかった私ですが、この二日間、本当にしあわせでした。