旅行先:白浜アドベンチャーワールド
時期:2016年8月
一緒に行った人:家族(父、母、娘小三、娘1歳半)
宿泊先:とれとれヴィレッジ
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2498-1
サイト:http://www.toretore-village.com/

口コミ:ここは一つ一つ部屋が離れていて、キャンプのバンガローの様なイメージです。同じ敷地内に食事する所(バイキング)と温泉もあります。ホテルと違い子供が暴れたり騒いでも一つの家みたいになっているので気にせずに過ごすことができました。敷地内には小さい公園もあり、子供を遊ばせるのにちょうど良かったです。


2016年夏休みの8月に家族4人で白浜アドベンチャーワールドに旅行に行きました。

人数限定のアトラクションやツアーをゲットするために開園の一時間くらい前から、既にできていた入場門の行列に並ぶことにしたのです。

真夏だったので、待っている間も暑くて大変でした。まだ屋根のある場所で待てたのでだいぶマシだったけど、もっと後ろに並んでる人は屋根もないのでかなり暑そうでした。

入場門を入ってすぐの所に、人数限定のアトラクションの受付場所があります。

前列に並んでいる人たちは大抵、開園と同時にやりたいアトラクションの受付場所に猛ダッシュします。

私たちは二手に分かれることにして【アニマルアクションふれあいツアー】と【ドルフィンフィーディング】に並びました。

主人が並んだ【ドルフィンフィーディング】はイルカと触れ合うことができるアトラクションです。

しかし値段も安めで人気があるため、並んだ時点で人数オーバーで残念ながら予約を取ることができませんでした。

私が並んだ【アニマルアクションふれあいツアー】は、運良く私達でちょうど予約がギリギリ取れたんです。

後ろに並んでいた人は「ここで予約終了です」と言われていて少しかわいそうでしたが…。

予約時間までの間は、自由に園内を見て回りました。長女は小三で、もうアドベンチャーワールドに来るのは三回目なので慣れたものです。

次女は一歳半で初めてのアドベンチャーワールドデビューでした。

普段、動物に接する機会が少ないのか全ての動物を怖がっていて少し困りました。

ペンギンを少し遠くからガラス越しに見ていたので、もっと良く見えるようにとガラスのギリギリまで近づけると大泣きします。

小動物に自由にエサをあげれる場所があったので、カピバラに近づきエサをあげようとするとまた大泣きです。

ちょっと早かったかなぁと思いましたが、長女も初めてのアドベンチャーワールドは一歳半でした。

その時は楽しそうにしていたので、その子の性格によりますね。

そしてサファリワールドに行くことになりました。歩いて動物たちを見ることもできるし、バスに乗って見て周ることもできます。

私たちが選んだのは【カートサファリ】というものでした。

これは、カートに乗って草食動物ゾーンを移動できます。真夏で暑いので、次女に歩かせるのは大変ということもあり決めました。

サファリ内のカートを停めれる場所は決まっているので、専用の駐車スペースに停めて動物を見に行きました。

一番魅力だったのはキリンです。自分たちの目線までキリンが来てくれて、手のひらの上に乗せたエサを食べに来てくれました。

キリンの唾液はかなりネバッとしていて、子供は少し嫌がっていて笑えました。

普通の動物園では、キリンは下から見上げることが多いので目の前に顔があるのは迫力があって良かったです。

一通りサファリ内を回るのに一時間くらいかかりました。小さい子がいる場合は、移動が楽なので【カートサファリ】がおすすめですね。

いよいよ【アニマルアクションふれあいツアー】の時間になったので参加しました。

いつもはお客さんが入れない裏側に連れて行ってもらいました。最初はお兄さんがペンギンを連れて来てくれて子供にも分かりやすいお話をしてくれました。

ペンギンは生まれた時は、オスメスの性別が分からないそうです。

DNA鑑定をして、性別を判断します。腕の部分にフリッパーと呼ばれるバンドをしていますが、性別を分かるようにするためだとか。

確かにペンギンを見ただけで、オスかメスかなんて分かりませんもんね。大人でも「へぇ〜」となるようなお話を聞けました。

ペンギンの後はコツメカワウソでした。とっても可愛いかったんですが、ここでも次女は大泣きでした。

泣いている次女の代わりに長女が、二回エサをあげていました。

そしてツアーの最後はアザラシにエサをあげて、記念撮影しました。

結構な大きさにみんなビビり気味でしたが、アザラシの体をペチペチと触り楽しそうでした。

動物とし触れ合っている間は、写真をスタッフの方が撮ってくれるし、普段触れ合うことのできない動物たちと触れ合えて貴重な体験ができました。

アドベンチャーワールドの最後に見たのは【マリンライブ】です。いわゆるイルカショーなんですが、ここのは迫力が違います。

水槽もかなり大きく、出てくるイルカの数も今まで見たイルカショーの中でダントツに多いです。

音楽が流れる中、イルカとスタッフの方が水中で一緒に泳ぐ姿は本当に感動します。

途中で子供たちが水槽に近づき、イルカが背びれをバタバタさせて水しぶきをかけてもらうというパフォーマンスもありました。

長女も思いっ切りかけてもらい、ビショビショになって楽しんでいましたよ。

アドベンチャーワールドは大人は童心に返り、子供ははしゃぎまくって本当に一日中楽しめる場所です。

次に行くときは、次女も大きくなりもう少し楽しめるかなと思っていますが、それでもこの夏のいい思い出になりました。