ooiso

旅行先と時期を教えてください。

旅行先:大磯
時期:2016年7月
一緒に行った人:家族、友人家族

大磯旅行の宿泊先を教えてください。

宿泊先:大磯プリンスホテル
住所:神奈川県中郡中郡大磯町国府本郷546
サイト:http://www.princehotels.co.jp/oiso/

口コミ:http://www.jalan.net/yad345675/kuchikomi/

大磯旅行の体験談を教えてください。

ooiso-1

夏休みに入って、最初の土日で大磯プリンスホテルに宿泊しに行きました。
2日間、大きな流れるプールをメインに疲れ果てるまで遊びました。

当初、金曜日、土曜日の宿泊予定で予約を入れていましたが、あいにくの台風直撃。
泣く泣くキャンセルをしようとホテルに連絡をしましたが、ご好意により前日の変更にもかかわらず、1日ずらしてもらうことができました。

しかし、宿泊費は3人家族で3万円だったのから4万5千円と1.5倍に。
土曜日の宿泊はやっぱり高かったです。
しかし、さすがプリンスホテルの対応力の高さには感謝してもしきれません。

7月中は子供はプールの利用料金が無料となり、大変お得でした。
我が家は年長児でしたので、夜ご飯のバイキング代2600円程度で済みました。

お料理はよくあるオーソドックスな朝晩バイキングでしたが、味はとっても美味しかったです。
お寿司はきちんと職人さんを呼んで握っていますし、てんぷらも揚げたて。
ローストビーフも目の前で切り分けてくれます。
サザエのつぼ焼きや、鯛の塩釜焼きなどが時折サービスで振舞われていました。
チキンのハーブ焼きが絶品でした。
色々なバイキングに行ったことがありますが、本当に驚くほど美味しかったです。
ちなみに、ドレスコードはなく、大変ラフでも問題ありませんが水着での飲食は出来ません。

残念なのは、2016年は温泉施設がリニューアル工事の為に部屋のユニットバスしか使用できなかったことです。
狭くて大変不便でしたが、2017年の夏には新しくオープンするとのことでしたので、次年度は安心して利用できます。
むしろ新しい施設になるのでとってもお得になるはずです。

今回は温泉施設が利用できないので、プールから上がった後は例年は温泉施設へ直行でしたが、仮設のシャワーブースが設置されていました。
シャンプーもリンスも用意してあり、手狭感は否めませんが、問題ありませんでした。

朝7時に江戸川区を出発し、夏休みの土日にも関わらず渋滞はさほどせず、途中休憩を挟みながら10時半には到着しました。
プール利用者専用の事前チェックインがあり、大型ロッカーも利用できて大変スムーズです。

プールも元々大きいのですが、この時期はガラガラ!
スライダーも10分ほどの待ち時間で何度も滑れてしまいました。
7月スタートダッシュの利用はとってもオススメです。

ここのプールでは、自前のテントは張れるものの、遠い駐車場の前、しかも植え込み部分のみ。
トイレや飲食ブースからも大変遠いので避けたほうがよいと思います。
特にトイレが少ないので、お子さんがいる場合は間に合いませんよ。

ファミリーテントやパラソルが有料で準備されていますので、是非こちらを利用すべきです。
ファミリーテントは8000円しますが、10人ほどが座れるのでお友達家族と利用するには最適ですし特に、パラソルより日差しが遮られるので子供にも安心です。
寝そべったり出来るので気持ちがいいですよ。

パラソルはファミリー用、カップル用などがあり、3000円程度です。
こちらは、日差しが高い時はパラソルが役に立っていない為、日傘や日よけ対策が必須となります。

いずれも事前の座席指定がネット予約が可能です。
平日は安く、土日は高い等、日によって値段設定が変わります。
かなりの席数があるので、当日購入でもなくなることはありませんが、トイレの近くや子供プール近くなどはすぐに埋まってしまうので、料金が変わらない事前予約がオススメです。

お部屋は、一番リーズナブルに利用できる、山側ツインルールなどは本当にビジネスホテル並の広さです。
プールで朝から晩まで遊び、寝るだけなら問題ありませんが、もうちょっとグレードをあげたいところかもしれません。
建物自体が古いので、それなりの古さは感じますが、綺麗にメンテナンスされており、清潔に利用できます。

小さいお子さんがいる場合は、ベッドガードを無料で設置してもらえますので、予約時に伝えればベッドルームでも安心して宿泊できます。
子供用のスリッパがありませんので、楽に脱ぎ着出来る靴を持参するといいでしょう。

チェックアウト日は、フロントでチェックアウトを済ませた上で、荷物をプール専用ロッカーに預け、プール閉館時間まで遊べます。
駐車場も無料です。
お部屋には帰れませんが、温泉施設がリニューアルされれば利用できるそうです。
大きなお風呂に浸かって帰れるのはとってもありがたいことですね。

7月中の利用は子供料金が無料だったり、プールが空いていたり、渋滞も少ないことから大変オススメです!
バイキング会場も空いているので、ゆったりとご飯が食べれることも重要なポイントです。